内科・小児科受付TEL

0584-71-0163

内科・小児科予約専用ダイヤル(自動音声)

050-5838-7690

内科・小児科予約フォーム

予約フォーム

受付8:30~18:30(木午前・土午後・日・祝日休み)

センテナリアンTEL

0584-71-0210

受付8:30~17:30(土・日・祝日休み)

内科・小児科 診療科目

アナフィラキシー補助治療剤(エピペン)

アナフィラキシー補助治療剤(エピペン)

(概略)急性のアレルギー症状(食物アレルギー、蜂アレルギー等)に対する自己注射療法
(1)アナフィラキシーとは
急性(即時型)で、全身性のアレルギーのことです。
ヒトにとって異物が体内に侵入したときに、体を守ろうとする防御(免疫)反応が、体に不利に作用し、かゆみ、くしゃみ、炎症、喘息などの様々な症状を引き起こすのがアレルギーです。
アナフィラキシーとは、アレルギーの原因物質(アレルゲンまたは抗原)に接触したり、接種した後に、数分から数十分以内にアレルギーによる症状が体の複数の臓器や全身に現れる激しい急性(即時型)のアレルギーです。重症の場合には、呼吸困難や意識障害を引き起こし、ショック(アナフィラキシ・ショック)を起こすこともあります。

(2)アナフィラキシーを引き起こす代表的な原因(アレルゲン)
昆虫(スズメバチなど)に刺される
食物(卵、牛乳、小麦、そば、落花生など)を摂取する
その他、薬物(抗生物質、解熱鎮痛剤、ワクチン、麻酔薬など)、ラテックス、(天然ゴム手袋など)や運動でもアナフィラキシーをひきおこすことがあります。

(3)アナフィラキシーの代表的な症状(呼吸困難、ショック、意識障害、血圧低下、めまい等)
ハチに刺されたり、食物を摂取したのち、数分から、数十分後に体の様々な症状が現れます。その症状は急激に変化し、初めの症状が発現してから、数分後にショック状態に至ることもあります。

(4)エピペンとは
アナフィラキシーが発現した際の補助治療を目的とした自己注射用製剤です。
エピペンにはアナフィラキシー発現時の治療に用いられるアドレナリン(エピネフリン)の薬液と注射針が内蔵されています。安全キャップをはずして注射器の先端を太ももの前外側に強く押し付けるだけで、内蔵されている針がでてきて注射ができるしくみになっています。
体重15kg以上~30kg未満の方: エピペン注射液0.15mg
体重30kg以上の方:          エピペン注射液0.3mg

(5)保険が適用されます。

(6)エピペンの使い方や注意事項を解説したエピペンのホームページ(www.epipen.jp)を御参照ください。