内科・小児科受付TEL

0584-71-0163

内科・小児科予約専用ダイヤル(自動音声)

050-5838-7690

内科・小児科予約フォーム

予約フォーム

受付8:30~18:30(木午前・土午後・日・祝日休み)

センテナリアンTEL

0584-71-0210

受付8:30~17:30(土・日・祝日休み)

院長コラムゼロからの出発

長引く咳

長引く咳

(A)3週間以上続く咳の原因

胸部線単純X線写真に異常なし
発熱なし
感染後咳嗽
痰(+、無色~白色)
上気道感染(+)
百日咳、マイコプラズマ感染など
アレルギー性咳嗽
(咳喘息、アトピー咳嗽など)
痰(+、無色~白色)
気管支喘息
痰(-)
喘鳴(+)
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
労作時の息切れ(+)
痰(+)
喫煙歴(+)
副鼻腔気管支症候群
副鼻腔症状(+)
痰(+、黄色~緑色)
ACE阻害薬による咳嗽
胃食道逆流症
不整脈
その他
胸部線単純X線写真に異常あり 肺癌
肺結核
間質性肺炎

(B)各論
アレルギー性咳嗽: 咳喘息とアトピー咳嗽に分類
8週間以上続く咳を主訴とした患者の約6割を占める

(a)咳喘息の簡易診断基準と治療
喘鳴や呼吸困難を伴わない咳嗽が8週間(3週間)以上持続。
聴診上もwheeze(ゼイゼイ)やrhonchi(ラ音)を認めない
気管支拡張薬が有効
喀痰・末梢血好酸球増多を認めることがある
気道過敏性が亢進している
一部が喘息に移行
治療;
気管支拡張療法(β刺激薬の経口投与、吸入and/or テオフィリン)
効果が不十分な場合には、以下の治療を追加
吸入ステロイド
短期経口ステロイド
ヒスタミンH1拮抗薬、ロイコトリエン拮抗薬

(b)アトピー咳嗽
咳が主体、好酸球性の気管支炎という病態は咳喘息と同じ。以下の点が異なる。
気管支拡張薬は無効
ヒスタミンH1拮抗薬が第一選択となるが、有効率が約6割と低いため吸入ステロイドとの併用
気道過敏性は正常
咳受容体の感受性が亢進
多くの患者にアトピー素因が存在
放置していても喘息には移行しない

この記事を読んだ方におすすめの記事

院長コラム
「ゼロからの出発」